ミミズ日誌

この度は「ミミズ日誌」までお越しいただきありがとうございます。中国の環境問題に関する記事の紹介や雑感など。趣味の骨董品・ガラクタ集めや園芸・ミミズ、菓子パンなどの記載もあります。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 2008/12/16 人民網日本語版

 1時間だけ電気を消す環境イベントを中国でも実施 来年3月

 WWF(世界自然保護基金)による、地球のために1時間だけ電気を消すという環境イベント「EARTH HOUR 2009」が来年3月、中国で行われる。このイベントの開始セレモニーが15日、北京市企画展覧館で行われた。セレモニーの中で、会場に設置された北京市の模型から、長安街、CBDビジネスエリア、国家体育場「鳥の巣」など、シンボル的な建築物のライトが次々と消されていった。

 「EARTH HOUR」は、WWFが世界に向けて提唱したイベントで、個人、コミュニティ、企業、政府に対して、2009年3月28日の夜20:30分から電気を1時間だけ消すよう呼びかけ、気候変動に取り組むための新しい協議締結への支持をアピールするというもの。

 人と企業が二酸化炭素の発生を抑え、気候変動に対応するために積極的な行動をとり、2010年までに省エネ・排出削減20%を達成するという国の目標のために多くの人が参加することが望まれる。

 「EARTH HOUR」は2007年にシドニーで始まり、過去2年間に大きな発展を遂げた。2008年には世界中で5000万人以上が参加した。2009年の目標は地球上の1000都市、10億人が参加することだ。写真はセレモニーの様子。(編集SN)



 国でキャンペーンすれば、環境意識の高い都市やほかの大・中都市の参加も見込めるかも。
 継続するかは別にして。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://jianyuan.blog110.fc2.com/tb.php/85-de8171ec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。