ミミズ日誌

この度は「ミミズ日誌」までお越しいただきありがとうございます。中国の環境問題に関する記事の紹介や雑感など。趣味の骨董品・ガラクタ集めや園芸・ミミズ、菓子パンなどの記載もあります。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 人民網日本語版 2008/03/14

 南通強生光電科技有限公司はこのほど、中国大陸部初の普及型ソーラー発電所の建設が江蘇省如東県の洋口港で始まったと発表した。今年8月の完成が期待される同発電所の完成により、中国のソーラー発電が本格的な普及段階に入ることとなる。新華社のウェブサイト「新華網」が伝えた。

 中国国内の太陽光による発電量は、既に累計100メガワットに達しているものの、昨年1年間、国内での電力消費量は僅か20メガワットにとどまった。その理由として、従来は主に電力網に接続されていないソーラー発電所が多く、電力網に接続された真のソーラー発電市場は未だ形成されていない。

 専門家によると、国内のソーラー発電市場が未だ初期段階にあるその理由として、ソーラー発電の高いコストが挙げられるという。現段階でのソーラー発電による発電コストは従来の発電方法の10倍以上であり、国内電力市場には未だ受け入れられないという。

 同公司の沙暁林董事長は、同公司初となる今回のソーラー発電所では、世界でも最先端のポリシリコン被膜を用いた太陽電池技術を採用しており、建設に必要な材料・総合コストを大幅に低減、建設コスト・発電コストは従来のアモルファス電池を使用した発電所の40%前後となったと語っている。(編集HT)



 電線でつながってなければ、発電で余った電力は他へ供給されないんで、
 電力網整備は急務のようです。→中国株やっている方は関連企業教えてください。

 太陽発電所建設は省エネには良いと思います。なんとなく自動車などの動くものよりも
 発電所などの大きなもののほうが、省エネ効果・効率が良さそうな感じ。
 さらに電力の変換効率を高めて、量産化で陳腐化できれば
 現状での中国自然エネルギーの主流になるかも?


 
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://jianyuan.blog110.fc2.com/tb.php/59-a2d241fa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。