ミミズ日誌

この度は「ミミズ日誌」までお越しいただきありがとうございます。中国の環境問題に関する記事の紹介や雑感など。趣味の骨董品・ガラクタ集めや園芸・ミミズ、菓子パンなどの記載もあります。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 朝日新聞 2008/03/10

 近年、BRICs諸国(中国、インド、ロシア、ブラジル)をはじめとする新興国の経済は高い成長を続けていますが、それに伴い工業用に原油、希少金属(レアメタル)などの資源などに加え、世界的な消費の増加で食料品や水の需要が高まっています。今回は資源株と農業や水など特定の環境テーマに沿ったファンドの動向を取り上げてみます。

 2008年1月末時点で資源、環境環境テーマ株のファンドは33本。そのうちの24本は設定から1年未満となっています。バランスファンド、新興国株式ファンドブームを経て、広まり始めた新たなテーマのファンドと言えそうです。これら33本の2008年1月末基準におけるパフォーマンスが図表1になります。基本的には株式ファンドであるため、ほとんどのファンドがマイナスとなっていますが、ブラックロックの運用する金鉱株ファンドのように金価格の上昇の恩恵を享受して、プラスのリターンを出しているファンドも見受けられます。



 詳細はこちら
 最近の市況悪化の影響からか、環境テーマ株ファンドのリターンは最悪ですな。
 中国でも同様か?資源株のほうが多少株価が高くても、パフォーマンスは
 良さそうなんで、注目。
 でもやっぱり上場少ない中国環境関連企業株を応援するつもりで保有するか・・・
 
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://jianyuan.blog110.fc2.com/tb.php/56-01b6ea0a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。