ミミズ日誌

この度は「ミミズ日誌」までお越しいただきありがとうございます。中国の環境問題に関する記事の紹介や雑感など。趣味の骨董品・ガラクタ集めや園芸・ミミズ、菓子パンなどの記載もあります。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 日中経済通信 2008/03/03

 「京都議定書」のクリーン発展メカニズムにもとづき、中国の五大電力グループのひとつである華電集団はこのほど、英Arreon Carbon社およびスイスのクレディ・スイス・インターナショナルと4項目の二酸化炭素(CO2)排出削減プロジェクトに関する合意契約を締結した。

 同合意によると、Arreon Carbon社とクレディ・スイス・インターナショナルは、内モンゴル自治区通遼市科左中旗にある華電集団の300メガワット風力発電など4項目のクリーン電力プロジェクトによって発生したCO2を共同で買い取るという。これら海外企業2社は、今年1月末に国家投資開発公司と3項目のCO2排出削減プロジェクトの契約を取り交わしたばかりで、排出削減総量は800万トンに達する見通し。

 科学技術省グローバル環境弁公室副主任兼国連クリーン発展メカニズム理事会委員の呂学都氏はこのほど、「中国は現在、毎月1000以上のクリーン排出削減プロジェクト協力を実行している。中国はすでに、クリーン発展構造メカニズムプロジェクト契約数・CO2排出削減量ともに世界最多の国家となった」と述べた。

 クリーン発展メカニズムは「京都議定書」で制定された先進国と発展途上国との間の国際契約メカニズムで、国際協力における「ダブルウイン(共勝)」メカニズムでもある。(編集KM/A)



 参考:京都メカニズムプラットフォーム

 なんやかんや言っても、利用できるところはきちんと活用していそうな、中国です。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://jianyuan.blog110.fc2.com/tb.php/51-31a8fa0c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。