ミミズ日誌

この度は「ミミズ日誌」までお越しいただきありがとうございます。中国の環境問題に関する記事の紹介や雑感など。趣味の骨董品・ガラクタ集めや園芸・ミミズ、菓子パンなどの記載もあります。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 東京新聞 2008/03/06

 中国江蘇省無錫市の環境対策担当者ら研修団が土浦市を訪れ、霞ケ浦を湖上視察した。

 一行は十九人で、霞ケ浦と琵琶湖の視察を目的に、中日文化経済交流協会の招きで来日した。無錫市は霞ケ浦の約十倍の広さがある太湖のほとりにある。霞ケ浦と同様に太湖は貴重な水資源でありながら近年、アオコが大量発生するなどして水質が著しく悪化し、同市にとって水質浄化対策が緊急課題になっているという。

 土浦港から高速遊覧船に乗った一行は、船内で霞ケ浦市民協会のスタッフなどから説明を受け、スタッフが実際に湖水を採取して水質を測定する様子を熱心に視察した。一行は湖岸の清掃活動に取り組んでいる市民団体代表に「生活排水対策はどうしていますか」「住民を活動に呼び込むのは大変ですか」などと質問していた。 (塙幸雄)



 去年か一昨年、無錫では飲料水が飲めないほどの騒ぎで、給水車などで
 水を供給していたような記憶が・・・
 水浄化には周辺住民の環境に対する意識改革とインフラ整備、汚水源の工場閉鎖など
 地道に解決してゆく以外に無いかもしれません。
 後者は政府の一声で、できそうなんだけどなぁ。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://jianyuan.blog110.fc2.com/tb.php/50-4a977d57
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。