ミミズ日誌

この度は「ミミズ日誌」までお越しいただきありがとうございます。中国の環境問題に関する記事の紹介や雑感など。趣味の骨董品・ガラクタ集めや園芸・ミミズ、菓子パンなどの記載もあります。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 チャイナネット 2008/2/21

 昆明市発電工場の楊富林代表は20日のインタビューで、昆明市は滇池の沖積泥を利用して発電することを考えており、滇池の沖積した泥の処理問題の解決や、火力発電所の高いエネルギー消費という欠点を補うことができると語った。

 昆明市発電工場は、すでに滇池の沖積泥を利用し発電する事業化レポートを関係部門に提出し、政府がこのプロジェクトに力を入れてサポートしてくれるよう期待している。

 沖積泥を燃料としている村人

 「最初に沖積泥を利用したのは滇池周辺の村人で、彼らは沖積泥を掘り出し、乾かして使っていました。この乾かした沖積泥は、『泥炭』と呼ばれています」と話す楊富林さんは、沖積泥を利用して発電する構想は、ここから考えついたのだという。

 多くの専門家が滇池の沖積泥を検査した結果、その中には燃焼可能な物質が含まれていた。もし新しい技術を利用すれば、ゴミである沖積泥が熱エネルギーに変わり、電気エネルギーと同じように発電に使うことが出来る。

 エネルギー産出量は少ないが、環境保護には価値がある

 楊さんは、沖積泥による発電エネルギー量は少ないが、環境保護の面では価値があると考えている。今こうした沖積泥は、汚水処理工場が毎日処理する汚泥と同じように埋められるだけで、何の価値もない。政府部門は積極的に滇池の環境を整備しているが、大量の沖積泥の処理に悩んでおり、水環境の改善はなかなか進んでいないのが現状だ。

 そして楊さんはこう話す。「中国は今、石油や石炭の不足に直面し、新しいエネルギーの開発が必要です。沖積泥は再生可能な資源でコストもほとんどかからず、環境保護や滇池の整備にも役立つのです」



 二酸化炭素排出増加政策?
 北欧などで大規模に利用されていますが、技術を伴った発電所でないと
 発電効率が悪くなり、地球(地域)温暖化?とやらに貢献しそうです。

 湖の整備には役立つかもしれませんが・・・

 少数民族が多いことだし、スコッチウイスキーを見習って、地酒造りを
 推進すると、案外観光客に受けがいいかも。
 

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://jianyuan.blog110.fc2.com/tb.php/44-c362afb0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。