ミミズ日誌

この度は「ミミズ日誌」までお越しいただきありがとうございます。中国の環境問題に関する記事の紹介や雑感など。趣味の骨董品・ガラクタ集めや園芸・ミミズ、菓子パンなどの記載もあります。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 人民網日本語版 2008/02/22

 2008年初めの低温、降雨、降雪、氷結の異常気象による災害に関するシンポジウムにおいて21日、中国気象局の鄭国光局長は、「異常気象の災害被害の予測業務を、今後の重点的な研究プロジェクトにする。今の天気予報のレベルや能力から見ると、一週間以上先の天気を予報することは非常に難しい。今回の大雪災害が発生してからも、中国気象局はこのまれに見る、大災害をもたらした天気が20日以上も続くことを予測できていなかった。また、今回の災害が、交通、運輸、電力、農業生産などに大きな影響をおよぼすことに対し、予測を行わなかった」と率直に述べた。「新京報」が伝えた。

 鄭局長はまた、「異常気象の災害がもたらす結果に、予測を行うことは、全世界の課題だ」と述べている。中国気象局は当分、関連の業務能力に欠けており、関連内容を今年の重点的な課題の一つにする、としている。



 中国って人工衛星(気象・軍事?など)をよく打ち上げているわりには、パッとしませんね。
 解析などソフト面で遅れがまだあるのか・・・

 最近、黄砂観測データ(おそらく気象衛星データ)などを日本や韓国などに提供しないなど
 問題があるだけに、リモートセンシングに関する研究は欧米としたほうがいいのかな?
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://jianyuan.blog110.fc2.com/tb.php/43-34acecda
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。