ミミズ日誌

この度は「ミミズ日誌」までお越しいただきありがとうございます。中国の環境問題に関する記事の紹介や雑感など。趣味の骨董品・ガラクタ集めや園芸・ミミズ、菓子パンなどの記載もあります。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 人民網日本語版  2008/02/19

 四川省綿陽市の解放街にてこのほど、唐代・宋代の遺跡が発見された。考古学者によると、この地方ではこれまで漢代から清代の各王朝の遺物が発掘されている。綿陽市文物局の責任者は、坑壁の状態から少なくとも6層の地層が見つかり、各地層から多くの陶器の破片が見つかったと話している。華西都市報が伝えた。

 考古学者によると、これらの地層は幾度にもわたる洪水により形成されており、漢代から清代の各王朝時代のものと推定される。中でも洪水の跡が最も鮮明なのは清代のものと推定され、同市の市誌に記録された康熙31年の大洪水を歴史的に裏付けるものだとしている。(編集HT)



 今年の夏に、四川省へ旅行予定。
 それまでに、博物館などに出土品が展示されるように期待。
 骨董めぐりに出会いがあるかも。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://jianyuan.blog110.fc2.com/tb.php/33-ed5a89cf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。