ミミズ日誌

この度は「ミミズ日誌」までお越しいただきありがとうございます。中国の環境問題に関する記事の紹介や雑感など。趣味の骨董品・ガラクタ集めや園芸・ミミズ、菓子パンなどの記載もあります。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 BARKS NEWS 2008/02/15

 いま急速に砂漠化が進むモンゴル。

内モンゴル自治区の使用可能な草原の面積は、1960年から1999年の約30年間で82万km2から38万km2にまで減少してしまった。生活形態の変化と人口増加による過剰な土地利用と、土地の再生能力を超えた過剰な開墾/放牧による砂漠化の加速によって、モンゴルの草原退化はますます進んでいるという。

地盤には良質な地下水が流れ、適切な回復手段によって緑化再生は可能というモンゴルを、チャリティーで救いたいと立ち上がったミュージシャンがいる。

それが、モンゴルの草原に育った20歳の遊牧民馬頭琴奏者・イラナ。

◆「美麗的大草原 -opening version-」映像
http://www.barks.jp/watch/?id=1000004192

砂漠化防止のチャリティーコンサートが、2008年3月3日(月)東京芸術劇場大ホールで決定した。ゲスト出演者は宗次郎、河口恭吾、Les Freres、中村中など。モンゴルからも、日本の紅白歌合戦にモンゴル人で唯一参加したオトバルなど豪華な顔ぶれだ。

イラナは、自分の故郷モンゴルをはじめ世界中の草原や森が砂漠化していく中、自分が生まれ育ったモンゴルの草原を守りたい、この思いをどうしても伝えたい、とこのコンサートを企画したという。

イラナの演奏する馬頭琴は、「スーホの白い馬」でもご存知の“草原のチェロ”と呼ばれるモンゴルの代表的な楽器。人はもちろん動物をも癒すというこの楽器の響きは、どこにいても大草原の風を届けてくれる。そんな馬頭琴の癒しの音色に触れながら、少しだけ地球のことを考えてみてはいかがだろうか。

イラナは2月14日にニュー・アルバム『永遠の草原』のリリースを控えている。



 月並みですが、音楽を通じて砂漠化に関する意識を少しでも
 共有していただければ幸いです。

永遠の草原 Eternal Horizon永遠の草原 Eternal Horizon
(2008/02/14)
イラナ

商品詳細を見る
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://jianyuan.blog110.fc2.com/tb.php/32-faaa4850
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。