ミミズ日誌

この度は「ミミズ日誌」までお越しいただきありがとうございます。中国の環境問題に関する記事の紹介や雑感など。趣味の骨董品・ガラクタ集めや園芸・ミミズ、菓子パンなどの記載もあります。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 eiga.com 2月13日

[ベルリン 12日 ロイター] イザベラ・ロッセリーニが監督・主演した連作短編映画がベルリン映画祭で上映され、そのワイルドでクレイジーなセックスシーンが話題になっている。

と言っても、「グリーン・ポルノ(Green Porno)」と題されたそのシリーズが検閲にひっかかる心配はない。きわどい露出があるわけではないからだ。それどころか、ロッセリーニは常に何かを着ている――虫の着ぐるみを。

たとえば「ハエ編」。ハエの着ぐるみ姿のロッセリーニが登場し、トレードマークとなったイタリア語訛りの英語で「ハエはきわめて多情で、1日に何回もセックスをする」とまずは解説を行う。その後おもむろにもう一匹のハエに背後からのしかかり、実演を開始するといった具合だ。他にも「かたつむり編」「クモ編」などがある。

携帯電話やiPod、ノートパソコン等の小型デジタル端末向けに配信されることを意識して作ったというロッセリーニ。「ユーモラスでためになる内容だと思うわ。ぜひ楽しんで見てほしいし、『ハエやミミズってそういうものなんだ』と思ってもらえれば嬉しい」

巨匠ロベルト・ロッセリーニ監督を父に、イングリッド・バーグマンを母に持つイザベラ・ロッセリーニもすでに55歳。だが、28歳からモデルを始めた遅咲きの彼女にとっては、55歳での監督デビューも特別なことではないようだ。女優業のほうも辞めるつもりはなく、今年も3本の出演作が待機中だという。



 ミミズの交接(交尾)をどのように表現したのか気になります。
 どこかの動画サイトにあるかもしれませんね。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://jianyuan.blog110.fc2.com/tb.php/30-5d1b4ab5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。