ミミズ日誌

この度は「ミミズ日誌」までお越しいただきありがとうございます。中国の環境問題に関する記事の紹介や雑感など。趣味の骨董品・ガラクタ集めや園芸・ミミズ、菓子パンなどの記載もあります。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

v

人民網日本語版 2008年1月24日

  国家林業局砂漠化対策センターの劉拓主任は23日、中国の生態環境は効果的に改善されているとして、砂漠化した土地の20%がある程度整備され、重点整備区の植生の保護・回復が進んでいることを指摘した。新華社のウェブサイト「新華網」が伝えた。

  劉主任は北京で開かれた砂漠化対策国際会議で「今世紀に入り、国は毎年数十億ドルを投じて、耕地の林地化、天然林の保護、北京・天津地区の黄砂発生源対策、耕地の草地化、小流域の総合整備など一連の重要な生態対策事業に着手し、砂漠化対策を効果的に推進してきた」と述べた。

  中国の砂漠化土地面積は過去5年連続で縮小。20世紀末には年平均1万400平方キロの拡大を見せていたが、現在では同7585キロの縮小に転じた。これは上海市全体の行政区域面積を上回る広さだ。北京・天津地区の黄砂発生源対策は5年間継続した結果、対策区域の土壌の風食量が同等の風力条件下で5分の1近く減少した。

  だが劉主任は、砂漠化問題は依然際立ち、危害も深刻だと指摘する。現在中国では全土の27.4%に相当する263万6200平方キロが砂漠化し、4億人が影響を受けている。(編集NA)



 沙漠化近縁の地域の大気中の砂埃などはある程度減ったんでしょうかね。
 植林を維持する必要な水資源の情報など、実際に現地で住んでいる方の
 お便りお待ちしています。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://jianyuan.blog110.fc2.com/tb.php/21-45936014
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。