ミミズ日誌

この度は「ミミズ日誌」までお越しいただきありがとうございます。中国の環境問題に関する記事の紹介や雑感など。趣味の骨董品・ガラクタ集めや園芸・ミミズ、菓子パンなどの記載もあります。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 チャイナネット  2008-01-31

 国際的な自然保護組織であるクリティカル・エコシステム・パートナーシップ基金(CEPF)は、2002年7月から5年間、多様な生物が集中する中国西南部の山岳地帯に560万ドルの資金を投入し、46の社会組織、機関、8人の個人が、その資金の援助を受けている。

 CEPFは2000年に発足し、地球環境ファシリティ(GEF)、世界銀行、コンサベーション・インターナショナル、日本政府、ジョン・D・キャサリン・T・マッカーサー財団、フランス開発庁による共同基金で、生物多様性保護への参与を支持することにある。現在CEPFは、世界のある34カ所の生物多様性ホットスポットのうち18カ所をカバーし、52の国や地域にわたっている。

 中国西南部の山岳地帯は、チベット自治区の東南部から四川省西部に及び、南側は雲南省の中部に至る。この地帯は、世界34カ所の生物多様性地域の中でも生物種が最も豊富な場所だが、一番深刻な脅威にさらされている野生動植物の宝庫でもある。

 世界にもまれに見る温帯森林生態であるこの地域は、中国陸地総面積の10分の1を占める。また中国の半分近い鳥類や哺乳動物、3割以上の高等植物がこの地に生息し、世界の約1万2000種の高等植物の3割近くがこの地域で繁殖している。

 CEPFの投資方針は、国の政策と歩調を合わせ、民間組織や教育研究機関、私営企業、個人に資金や技術面の援助を行い、生物多様性保護への能力を高めることにある。

 この5年CEPFは、中国西南部から283のプロジェクト提案書を受け取り、そのうちの80のプロジェクトに資金援助を行った。最も金額の多いプロジェクトは60万ドルで、最小のプロジェクトは1961ドルだった。



 この地域って、漢方薬の原料になる薬草とかの自生場所のような気も。
 たとえば、医薬資源という面から、生物多様性の維持をしておけば、
 将来なんらかの植物由来物質とか菌とかが現代医療に役立つ保険になるかも。
 
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://jianyuan.blog110.fc2.com/tb.php/20-59d41cb3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。