ミミズ日誌

この度は「ミミズ日誌」までお越しいただきありがとうございます。中国の環境問題に関する記事の紹介や雑感など。趣味の骨董品・ガラクタ集めや園芸・ミミズ、菓子パンなどの記載もあります。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 2年前、中国旅行時に上海で、招商銀行(CHINA MERCHANTS BANK)の口座を開設したのをすっかり忘れていました。

 掃除したときに、キャッシャカードを発見して以来、1年ほどほったからしにしてました。

 中国旅行へ久しぶりにいけるので、口座にどれだけお金があるのか確認するため、
 初めて、ネットバンクへログインしてみました。

 ちなみに口座開設はこのページを参照してしました。

 普段使用しているブラウザ(K-Meleon)では認証画面がうまく開けないため、IE8でおこなっております。

 その1

 shoushou_2.jpg

 私の持っているキャッシャカードは『一(上下)通』です。
 トップページ右にある[个人银行大众版]をクリックします。


 その2

 shoushou_3.jpg

 認証画面が現れました。
 緑線で囲った2箇所のボタンをクリックしてセキュリティ関係のソフトを
 ダウンロード後、インストールします。(文字化けしてもそのまま進めてください。)
 次に、口座番号などを入力します。

 开户地 :口座を開設した銀行の都市名。
 卡 号 :カード番号(口座番号)
 查询密码:暗証番号
 附 加 码:画像番号

 上記を入力後、[登録]ボタンをクリックします。


 その3

 shoushou_1.jpg

 何とかログインできました。
 なんと、お金が1500元近く残っていました。(18,000円くらい 2010年10月15日現在)
 毎月口座管理費として1元引き落とされています。
 普通預金口座ですが、利率は日本より良いですね。

 次は、中国銀行(Bank of China)の通帳・カードも見つけたので、
 存在しているかの確認を行う予定です。


 2010年10月19日 追記:
 中国銀行は3年前に上海で開設してました。
 中国語版の認証用ソフトはうまくインストールできなかったので(文字化け・abort?)、英語版で。
 とりあえずログイン後の最初の画面のみ。後日、説明予定です。


 2010年10月20日 追記:

 ちなみに中国銀行口座開設もこのページを参照しました。
 その際、「电话银行」と「网上银行」が申請済みなら、下記の方法で登録できました。
 (口座開設時、初期アカウント・パスワード・E-Tokenを付与された方や通帳番号・デビットカード番号を
 係員に伝えた方はあまり参考にならないかも。 )


 その1

 中国銀行(Bank of China)へアクセスし、右上端の「ENGLISH」を選択します。
 次に、「BOCNET Login」をクリックします。

boc_008.jpg


 その2

boc_009.jpg

 ここで、画面下の認証用ソフトウェア"security control"を選択し、
 ダウンロード後、インストールします。
 あと、セキュリティ証明書である"CA Root certificate""CA Secondary certificate"もクリックして、
 ダウンロード後、インポートします。

 完了後、「Login by E-Token」タブが初期画面として表示されてますが、ここで「Ordinary Login」タブに変更します。

 このような画面に変わります。

boc_010.jpg

 オンラインバンキング用のユーザ名とパスワードの設定を行うため、
 右横にある、「Online registration」を選択します。


 その3

 説明文を適当に読んでから、「Next Step」ボタンをクリックします。

boc_011.jpg

 次も、説明文を適当に読んでから「Accept」ボタンを選択します。

boc_012.jpg



 その4

 こんな画面になります。

boc_013.jpg

 カード番号・暗証番号・口座開設時に使用した身分証明書(パスポートなど)の番号を入力します。

 手元に、口座開設時の控え書類があれば便利です。

IMG_00881.jpg


 その5

 画像を保存するのを忘れたため、文字にて説明します。

 ここで自分で決めたユーザ名とパスワードを入力します。(英数字・大文字小文字組み合わせ、文字数制限あり)

 また、口座開設時の情報が変更できます。(電話番号・住所・郵便番号など)

 秘密の質問とその答えを3つ指定し、ウェルカムメッセージを入力(必要?)。

 Reserved question 1:
 Answer one:
 Reserved question 2:
 Answer two:
 Reserved question 3:
 Answer three:

 Welcome Message:

 登録完了後、ログイン確認。こんな画面が出れば、成功です。

boc_001.jpg
 

 手元に控えの用紙が残っていたのに加え、忘れずに暗証番号も用紙裏に書いていたのが、
 年月が経っても、すんなり登録できた要因だと思います。

 次はカードと通帳の連携がまだなのと、日本から中国へ送金がネットからできるか調査します。


 2010年10月21日 追記:

 中国銀行の新旧ネットバンキングのシステムが違うようです。
 東京支店と上海市分行のFAQを確認すると、説明にある登録項目がないので、
 だめもとで、中国銀行東京支店のヘルプデスクにメールにて問い合わせてみました。
 現在、結果待ちの状態です。

 2010年10月25日 追記:

 メールの回答が来ました。


 > 誠に申し訳ありませんが当行では中国国内の業務をご照会することができません。
 > 直接現地支店にお問い合わせいただくか、国内のコールセンターにお問い合わせ下さい。

 > お問い合わせ番号は  86―21―95566(日本語対応有) です。

 > また、日本にもコールセンターがあり、こちらでも対応しております。
 > 03―5572―0081  (日本語 受付時間 9時~17時。中国語・英語24時間   )




 日本のコールセンターに携帯電話(au)で問い合わせてみました。(日本語で)

 1、中国の上海で作成した銀聯マーク付デビットカードを日本の提携銀行ATMより
   残高照会とか日本円で引き出せないのはなぜか?
  (残高0であることも伝えています。引き出せないのは当然として、照会ぐらいはできるかも?)

   回答:残高0なら残高照会もできません。中国で作ったカードはできません。

   本当は、ATMが中国銀行・招商銀行カードを認証できなかったので、質問を変えて聞いてみました。
   (暗証番号の桁数とか、その他もろもろシステムの違いがあるんでしょうね。)
   日本の中国銀行各支店で作成すれば、簡単に解決できることでしょう。


 2、中国で開設した普通・定期口座とオンラインバンキング(デビットカード番号)を
   関連付けるにはどうすればよいか?

   回答:中国で開設した口座はできません。

   暗に、開設した中国本土の銀行で聞いてくださいという感じ。
   これも、日本の中国銀行各支店で開設すれば、簡単に解決できることでしょう。


 上記の回答は非常にあやふやです。
 最大音声にしても声が聞き取りにくい上に、たどたどしい日本語のため、あきらめました。
 再度、口座へ入金したのち、確認します。

 最後まで閲覧していただきありがとうございます。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://jianyuan.blog110.fc2.com/tb.php/136-78c7fa7d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。