ミミズ日誌

この度は「ミミズ日誌」までお越しいただきありがとうございます。中国の環境問題に関する記事の紹介や雑感など。趣味の骨董品・ガラクタ集めや園芸・ミミズ、菓子パンなどの記載もあります。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 2009年9月7日(月)、青春18切符での行き当たりばったり車窓旅を4度目。

 乗車区間
 [普通] 自宅近くの駅→大阪

     自宅で朝食を食べてから、出発。

 [新快速]大阪 9:45発→野洲 10:41着

     高槻駅で進行方向右手席に座れた。(通路側)

     車窓旅では、楽しみが半減。京都駅で隣座席に移り、ようやく車窓旅らしくなる。

     野洲駅到着後、向かいホーム停車中の列車にあわてて乗り換える。

     しかし、京都駅で隣に座られた女性(美人さん)。

     空席が目立ってきたのに、なんで移動しないんだろう思っていたら、

     通路挟んだ席に母親が座り続けていたようです。少し感謝。

     (似ていませんが、娘さんの服装と同じような格好。顔から下はいいけどね・・・)
    

 [快速]野洲 10:42発→米原 11:17着

     今度は進行方向左手側の席に座る。

     琵琶湖側の席だけど、車窓から見えることも無いが、刈り入れ作業をしている

     田んぼを眺めつつ、車窓旅を楽しむ。


 [普通]米原 11:30発→大垣 12:04着

     ほぼ満席で出発。輪行している人が車内に二人いた。

     ここでも収穫時の田んぼを眺めながら、車窓旅。

普通大垣行き

 


 [新快速]大垣 12:10発→名古屋 12:40着

     豊橋行きの列車です。終点まで乗ろうとしたが、昼食を食べようと思い、

     名古屋で下車。

 
 [普通]名古屋 12:43発→四日市 13:29着

     アナウンスで、前言撤回。

     単に海が見えるんじゃないかと期待して、この路線にしました。

     弥富駅~長島駅間で木曽川河口

     長島駅~桑名駅間で長良川・揖斐川河口らしき風景が車窓から見えたので満足です。

     四日市駅に到着。臨海が工業地帯になっているせいか、タンク車が目立ちます。

     あんみつ坊主の貨物の小部屋(参考)

     http://cortina.hakuba.ne.jp/~natsume/fcindex.htm


タンク車 


IMG_50571.jpg 

JR四日市駅標示

普通名古屋行き(四日市折り返し)

 

 [快速]四日市 13:38発→亀山 14:07着

     少々、座り疲れたので、運転士席の後ろで立ちつつ、車窓を楽しむ。

     駅停車ごとの運転士の作業を見学。

     海沿いの景色を楽しむなら、紀勢本線に乗ったほうがいいなと思いつつ、

     終点、亀山駅へ到着。

     時刻表確認とビール買い込みのため、改札を出る。

     この時刻で、紀勢本線に乗ると

     和歌山 23:39着、日根野 00:12着となり、

     特急列車の接続もなさそうなので、当日中に帰宅できません。

     関西本線の旅に変更します。


 [普通]亀山 14:45発→加茂 16:04着



JR亀山駅ホーム1 

IMG_50671.jpg

普通加茂行き

     列車は1両編成です。学生帰宅時間帯と重なったため、座れず。

     ほぼ全部の窓がカーテンで遮られているため、車窓楽しめそうにありません。

     終点までほぼ満席なうえ、車内の冷房の利きが悪く、暑い。

     何とかボックス席が空いたので、カーテンを開けて車窓を楽しむも

     先程のビールの影響で、とたんに小便に行きたくなる。何とかふんばるも

     我慢できずに、車内トイレを利用する。

     寝台列車でしか車内トイレを利用した記憶がないので、消音用の水洗音の

     設備が設置しているのに、ちょっと驚き。思わず出した後に、使ってみた。

     また、きれいです。水洗・消音・手洗いはセンサーに手をかざすと動作します。

     ようやく、車窓を楽しめる状態になる。

 

 [普通]加茂 16:10発→木津 16:16着

     乗換案内放送で奈良線の待ち時間が長そうなので、

     普段、乗車しない学園都市線で大阪近辺へ向かおうと思いつき、下車。

     

 [快速]木津 16:25発→広野 18:22着

     この列車は篠山口行きです。東西線(地下)に入ってからうたた寝し、広野駅で降りる。

     疲れたので、帰宅。

     車窓で記憶にあるのは、京都八幡木津自転車道線の木津川終点が見えたような気も。

JR広野駅標示

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://jianyuan.blog110.fc2.com/tb.php/101-9a0d2419
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。