ミミズ日誌

この度は「ミミズ日誌」までお越しいただきありがとうございます。中国の環境問題に関する記事の紹介や雑感など。趣味の骨董品・ガラクタ集めや園芸・ミミズ、菓子パンなどの記載もあります。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 ヤフオク落札情報です。
 終了日時:9月 26日 21時 47分
 落札価格:1,013,008 円


9f29.jpg




 また、高い値段がつきましたね。
 そこまでするとは思いませんが、お茶の葉がよく広がりそうな急須です。


スポンサーサイト
 ヤフオク落札情報です。
 終了日時:9月 27日 21時 39分
 落札価格:90,001 円

 be61b.jpg



 すっきりとして、使い勝手のよさそうな茶壺です。
 落札者は中国系の人でしょうか。


 自己防衛のために体内に大量に金属を蓄える植物の記事の内容を
 調べているうちに、発見。
 

James Owen
for National Geographic News
October 7, 2008

 有害廃棄物をエサにする“スーパーミミズ”が見つかった。新たに進化した種とみられており、汚染された工業用地の浄化に役立つ可能性もあるという。

 イギリスのイングランド地方やウェールズ地方などにある鉱区の土壌から、鉛、亜鉛、砒素、銅などの重金属を好んで食べる“ヘビーメタル・マニア”のミミズが発見された。

 新たに見つかったミミズは摂取した金属を若干異なる形に変えてから排泄する。排泄物は元の金属よりも植物が吸い上げやすい形状であり、植物に吸収させた上で刈り取れば土壌を浄化すること(ファイトレメディエーション)も望めるという。

 この研究を率いるイギリスのレディング大学のマーク・ハドソン氏は、「信じられないほどの高濃度の重金属にも耐性があるミミズで、むしろ重金属の存在が進化を促したように思える。何しろ、普通の家の裏庭から採取したミミズを放したら死んでしまうような土壌に生息しているのだ」と語る。

 研究チームが鉛を食べるミミズのDNA分析を実施した結果、このミミズは新たに進化した未知の種であることが確認された。このほかにも、イングランド南西部で見つかった砒素までエサにする個体群など、2種類のミミズに新種の可能性があるという。

 ハドソン氏らのチームは、こうしたスーパーミミズに強力なX線を照射し、塩の結晶の1000分の1の大きさしかない金属の粒子を追跡した。その結果、砒素への耐性があるスーパーミミズは、特別なタンパク質で砒素を包み込んで不活性化し、体に影響のない安全な状態にしていることが示唆された。ウェールズ地方の鉛を食べるスーパーミミズも、同様にタンパク質を使って体内で金属を無害化していることが分かっている。

 スーパーミミズの体内を通過した後の金属粒子にどの程度の毒性が残っているのかは、周囲を包むタンパク質の分解に長い時間がかかるため、いまのところはっきりしていないという。「だが、スーパーミミズが排泄した金属は地中から植物が吸い上げやすい状態になっていることが実験では示唆された。スーパーミミズ自身にとっては排泄物を無害化する必要もないはずだが、まるで植物のために変換を請け負っているかのようだ。採鉱や重工業などで汚染された土地の浄化にスーパーミミズを利用すると有効かもしれない」とハドソン氏は期待する。

 同氏は、「長期的な目標として、養殖したスーパーミミズを汚染地域に放し、植物を利用して毒性のある金属を抽出することで土壌や生態系の回復を促進する方法を考えている」という。さらに研究が進めば、植物を利用して金属を採集することも可能になるかもしれない。

「実現するかどうかは分からないが、いずれは植物から金属を効率的に取り出す方法を開発して、産業に役立てられるようになる可能性もある。植物を刈り取ってそのまま処理工場に運びさえすればよくなるかもしれない」と同氏は話している

 ウェールズ地方にあるカーディフ大学のピーター・キリー氏は、やはり金属を食べる虫を研究する1人だが、この研究について次のように述べている。「新種のスーパーミミズがどんなに有能であっても、1~2年で終わる人工の浄化プロセスには太刀打ちできないだろうが、汚染された土壌に蓄積された金属量の診断に利用すれば、非常に優れた手段となるだろう」。



 地域の生態系や資金・時間・土地・人などの資源の問題など多々あると思いますが、
 国内で、このような機能を持つミミズや植物を大規模に投入して、
 10年、20年くらい実験できないものでしょうか。

 管理は年に一度植物の刈り取りやミミズの再投入とか・・・




 

 所用でイベント会場のすぐ近くでの仕事が、早く終わったので、少し拝見。
 コンパニオンの人たちを見学しつつ、退散。イベント内容はすぐ忘れましたが・・・


 あまり環境イベントの記事を掲載していないので、ちょっと調べてみました。

 中国国際環境保護展、北京で開幕 (日本語字幕解説付き) - YouTubeより

 ビジネスデーなのか、少し来場者が少ない気もしますが、じっくり話が聞けそうです。
 一般公開日は人も多く、参加型のイベントなども開催されるのでしょうか。


 関連イベント:2010年12月9日(木)~11日(土)開催。
 日本最大級の環境展示会 エコプロダクツ2010

 Google アラートで『ミミズ』を検索語句に、1週間ごと配信指定しています。

 やたらとミミズバーガーの話題が記載されていたので、調べてみました。

 マクドナルドのハンバーガーが牛肉100%といいながら、安っぽい味しかしないうえに
 ミンチされていない牛肉の血管がミミズのお肉では?といったところから
 都市伝説としてひろまったようです。

 私の周りではそれが派生して、王将の餃子の肉がミミズであるという噂のほうが強かったですが・・・
 (実際、かじって中身を確認しても肉らしきものが見当たらないので、こちらのほうが真実味があります)

 『ミミズバーガー』の語源となった映画、原題 :『THE WORM EATERS』が9月24日(金)にDVDとして
 発売されたので、当時の記憶を思い出した人々にうけたんでしょうかね。
 



 ちなみに私は『THE WORM EATERS』なんで、ミミズを捕食する動物たちの映画と思いました。


 

 給湯室でする現代版茶道 ― デイリーポータルZ より

 手軽に一人でもできるものだと思いましたが・・・
 茶道や茶事がわからなくても、お茶が飲める空間ならば、
 どんなところでも茶室になるもんなんだと新たに認識しました。

 下記の本をある図書館の中国文学の書架で見かけたので、借りて読んでみました。

 北京の玉職人からの多くのインタビューを元に著作した本です。
 戦前の北京の下町で玉や骨董で生活する人々のやりとりがほんの少しわかった気になれます。
 もう少し、商売のやり取りや骨董(玉だけでなく)の薀蓄などを盛り込んで、上下巻で
 出版されたら、もっと良かったと思います。





 『玉』の事はよく知らないので調べてみたら、こんなブログを見つけました。

 福縁譚

 骨董屋さんのブログで、カテゴリ「彫刻・ガラス・青銅ほか」に『玉』に関する詳細な記事があります。
 C326【諸】古銭 中国★銀錠・馬蹄銀 50両

 美術館から預かった品物だそうです。
 商品の写真が違っていますが・・・(質疑応答で突っ込まれています)

 中国の文物商店で販売される骨董品の蝋印がついています。
 この蝋印は鑑定済みで、海外持ち出し可能なことを証明するものですが、
 最近では偽物についていたり、偽造されることもあるそうです。

 実物を見て判断するしかないですね。

 先日、JR天王寺駅で大きなかばん(バックパック?)を背負った
 フランス人(ここだけははっきりと聞き取れた)のカップルが
 このホームに関空快速?関西国際空港の電車が来るかどうか英語で話しかけてきた。

 イヤホンで音楽を聴いていたので、最初気づかなかったが、
 たどたどしい英語でもうすぐ目当ての電車が来ることを伝えた。

 英語が苦手なため、その後の会話もぎこちなく
 彼らがこれから中国へ行くことやイヤホンが外国製(確かにそうだ)なので話しかけたとか?
 あまり理解できないまま、終了。
 
 やっぱり英語を学ぼう、という考えが芽生えずに、中国へ旅行に行きたくなったので、
 ちょっとウェブを検索すると下記のサイトを見つけました。

 中国バックパッカー観光旅行記

 時間をつくって、今年中には行きたいものです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。