ミミズ日誌

この度は「ミミズ日誌」までお越しいただきありがとうございます。中国の環境問題に関する記事の紹介や雑感など。趣味の骨董品・ガラクタ集めや園芸・ミミズ、菓子パンなどの記載もあります。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

v

人民網日本語版 2008年1月24日

  国家林業局砂漠化対策センターの劉拓主任は23日、中国の生態環境は効果的に改善されているとして、砂漠化した土地の20%がある程度整備され、重点整備区の植生の保護・回復が進んでいることを指摘した。新華社のウェブサイト「新華網」が伝えた。

  劉主任は北京で開かれた砂漠化対策国際会議で「今世紀に入り、国は毎年数十億ドルを投じて、耕地の林地化、天然林の保護、北京・天津地区の黄砂発生源対策、耕地の草地化、小流域の総合整備など一連の重要な生態対策事業に着手し、砂漠化対策を効果的に推進してきた」と述べた。

  中国の砂漠化土地面積は過去5年連続で縮小。20世紀末には年平均1万400平方キロの拡大を見せていたが、現在では同7585キロの縮小に転じた。これは上海市全体の行政区域面積を上回る広さだ。北京・天津地区の黄砂発生源対策は5年間継続した結果、対策区域の土壌の風食量が同等の風力条件下で5分の1近く減少した。

  だが劉主任は、砂漠化問題は依然際立ち、危害も深刻だと指摘する。現在中国では全土の27.4%に相当する263万6200平方キロが砂漠化し、4億人が影響を受けている。(編集NA)



 沙漠化近縁の地域の大気中の砂埃などはある程度減ったんでしょうかね。
 植林を維持する必要な水資源の情報など、実際に現地で住んでいる方の
 お便りお待ちしています。
スポンサーサイト

漢君壺

?  漢君壺

使い勝手はいいんですが、人気無し。形が良くないのか?

てっ球壺

程寿珍 掇(てっ)球壺

清朝末期の有名作家です。黒っぽい陶土で、大きめな急須。

柱礎壺
? 柱礎壺

これも使いやすそうな急須ですね。著名現代作家作。

四方壺

? 四方壺

紅茶を淹れるのに良さそうな急須。

 北京かどこかの古玩城(骨董店モール)で紫砂壺の名品展を行っていたので、写真を撮りました。
 紫砂といえば急須、宜興が著名で明の時代から現在まで製造されています。
 この急須で淹れたお茶はおいしくなるといわれています。
 顧景舟、蒋蓉、朱可心、汪寅仙ほか日本では人間国宝にあたる作家の作品が多数ありました。
 眼福、眼福。

魚化龍壺

呉雲根 魚化龍壺

日本で、いやヤフオクでは人気はありません。

竹段提梁壺

? 竹段提梁壺

これも人気ありませんが、いいものです。

紫砂花瓶


任淦庭 紫砂花瓶


細工がきれいでした。

 


続く・・・

日中韓共同制定のPCエコロジー評定基準、中国で実施に
News China 2008/01/21(月) 13:36:47

中環状連合認証センター(CEC)、韓国・エコ製品研究院(KOECO)、日本・環境協会(JEA)が、それぞれ自国を代表して共同で制定したエコロジー製品評定基準「コンピューターエコ標示製品技術基準」が北京で18日に正式に発表・実施された。同共同基準の発表により、今後中国のコンピューター製品は中国のエコマーク製品認証を獲得すれば日本と韓国のエコ製品認証を獲得したことに相当するという。また、同共同基準は、三国間貿易の促進や、技術的な貿易障害打破に対し、積極的な促進・規範化作用を発揮するとみられている。

日中韓は、国際的にもエコ表示業務が比較的成功している国家。三国は共に、環境友好型製品の流通を促進して販売量を増加させることや、三国のエコ標示基準を取りまとめることの重要性を認識している。中国のエコ標示機関は、2005年2月には韓国の、同年3月には日本のエコ標示機関と、それぞれ中韓、日中エコ標示協力・相互認識協議を締結している。つまり、同協議を締結した両国間の評価能力は、すでに相互的に承認されていることを意味する。日中韓三国は現在、三国のエコマーク共同基準の制定を積極的に進めている。(編集 HY/A)



 漢字つながりで、文字コードなんかも結構、交流があったような気も。
 中国産のパソコンを見かける機会がやや増えるかもね。


エコマーク商品カタログ 2007年度版 (2007)

 ENVIROASIA 2007/12/21

 “2007年度グリーン中国人物”授賞式が14日夜北京で行われ、9名に“2007年度グリーン中国人物”の称号が与えられた。受賞者の中には中国草の根NGOの2名が含まれていた。
 
 受賞者は

・清華大学環境科学テクノロジー学科教授の張暁健氏
・中央テレビ局《ニュース調査》欄記者の柴静氏
・河南省周口市“淮河衛士”会長の霍岱珊氏
・北京緑家園ボランティアズ責任者の汪永晨氏
・吉林省紅石林業局OB職員の趙希海氏
・香港環境運輸労働局前局長の廖秀冬氏
・江蘇省無錫尚徳太陽エネルギー電力有限会社会長の施正栄氏
・著名映画監督の張芸謀氏、冯小寧氏

 中国草の根NGOの受賞者2名は、

淮河衛士 霍岱珊氏

 2007年国家環境保護総局は淮河流域に対し “流域の批准制限”を実施、彼は沙颖河で結成された“淮河汚水排出口民間監視ネットワーク”のボランティアとともに、写真やDVD、論文、メディア報道を通じて、淮河の水質汚染の実態を政府や民衆へ伝えた。その為、彼は“淮河環境ウォッチャー”と呼ばれている。

グリーン先駆者 汪永晨氏

 2007年、彼女はより多くの記者を環境保全へ参加させるため、15都市の記者とNGOから成る“グリーン記者サロンネットワーク”を立ち上げた。また、“河川十年ツアー”の活動を実施し、10年計画で、毎年黄河の西部や雲南省北西部の主要河川を歩き回っている。2007年10月、彼女が関わる民間団体が《水質汚染防止処理法》に対する改正草案を提出した。



 遅ればせながら。
 いずれ中日間の環境問題で大きく関わる方々と思われます。

 ENVIROASIA 2008/01/15

 自然の友、オックスファム、グリーンピース、アクションエイド、WWF(世界自然保護基金)、地球村、緑家園ボランティア、そしてIPE(Institute of Public and Environmental Affairs/公衆と環境研究センター)の8つの中国の民間組織が先月20日、共同で『温暖化する中国、市民社会の意識と行動』というレポートを発行した。これは、気候変動に対する中国の市民の立場と行動を初めて体系的に著したもので、先進国と開発途上国が共に地球規模でのCO2削減と持続可能な発展を模索することを呼びかけている。

 レポートは上下2巻に分かれており、第1巻の『市民社会から見た気候変動』では、中国内外NGOの気候変動に対する国際交渉や国内政策、さらに社会的に弱い立場の人々の主な紛争等を整理し、中国の環境保護団体や開発組織に考え方や手本を提供している。第2巻の『市民社会の行動』では実例を用いて、中国への気候変動による影響を小さくする為に市民社会がとっている的確かつ多様な努力と行動が詳細に示されている。

 同レポートでは、公平原則に基づいて気候変動に対する政策を制定実施し、社会的に弱い立場におかれている地域や人々の気候変動に対応する能力や状況の改善を提案している。

 中国の市民社会は気候変動に立ち向かう新勢力として、公平性と発展の観点を出発点に、様々な社会的レベルや領域で行動を展開している。同時に一方では、気候変動に対する政策制定と監督実施への市民やNGOの参画を中国政府が奨励するよう呼びかけている。

 ここ数年、気候変動によるチャレンジが社会の注目を集めている。今年3月には、上述の8つのNGOが「中国市民社会と気候変動:共通認識と策略」プロジェクトを立ち上げた。そのねらいは中国本土に立脚し、気候変動の問題に対する回答や未来に向けてのアクションプランを共通認識する事であった。同プロジェクトではまず全国200以上の民間組織にアンケートを送付し、気候変動というテーマに対する観点や注目度とそれに関する活動経験について尋ねた。その後、度重なるワークショップを開催し、30以上のNGOが気候変動の国際討論に参加し、国内政策および市民の協働などの議題と併せて気候変動の立場から既存の環境保護活動、経済的弱者支援や社会発展活動の中へといかに入り込んでいくかが検討された。

 ここ10ヶ月の努力を経て、2つのプロジェクト成功のレポートはバリ島で開催された気候変動会議の際に完成し、中国の市民社会として初めて気候変動に対して共同の声明が出された。自然の友の会長、東平氏は発表会の中で「この効果的な協働と研究は、今まさにますます発展している中国社会の成熟度、文化性、積極性を示している」と述べた。

レポート摘要は下記リンクを参照(中文と英文のみ):
http://www.greenpeace.org/raw/content/china/zh/reports/social-action.pdf

(張伯駒)



 記事が削除される前に残しておきます。
 いずれ、参考になるかもしれません。

珍種、光る「ホタルミミズ」 県内初、阿南市内で発見  ~ 徳島新聞 2007/12/31

 月並みですが、早起きは三文の得ってことでしょうか。
 早起きが苦手な私には無理です。


生ゴミを食べてもらうミミズ御殿の作り方―ミミズコンポスト完全マニュアル
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。